fc2ブログ

記事一覧

妊娠中のリラックス方法

こんにちは(*^-^*)
最近、日中は夏のように暑くなってきましたね。院内は涼しいのですが、外に出ると汗をかくようになりました。外仕事をされている方や、子どもに付き添って外で遊ぶママさん、毎日お疲れ様です。

今日は、妊娠中のリラックス方法について書きます。
妊娠中は体型の変化による体の辛さや痛さ、ホルモンバランスの変化によるストレス等、ストレスを感じる方が多いと思います。子どもを授かった喜びを感じても、妊娠初期は流産や安定期までの不安、安定期に入ってもお腹の張りや切迫早産の心配をし、無事に出産するまで、お母さんはお腹の赤ちゃんのことを考えて心配ごとが尽きないと思います。
流産の経験がある方は、さらに不安が強いと思います。スタッフМも初めての妊娠が流産だったので、次に妊娠した時は毎日が不安でしょうがなかったです。

妊娠中の過度のストレスはお母さんにも、お腹の赤ちゃんにもよくありません。

リラックス法
①腹式呼吸をする
腹式呼吸をするだけでリラックスさせる作用のある神経が活発に働きます。まずは、お腹に手を当ててお腹を意識し、鼻から息を吸います。その後、口からゆっくり息を吐いてください。何回か繰り返すことで気持ちを落ち着かせることができます。

②シムス体位をとる
・体の右側を上にして横になる
・左足をやや後ろ側に下げ、まっすぐ伸ばす
・右足を前に出して軽く膝を曲げる
・左手を背中の方に回して、半分うつ伏せの状態にする。このとき、右足にクッションや枕を挟むとより楽になり、リラックスできます。
「右側を上にして右足を曲げる」左側を下にしてしまうと、重くなったお腹で大動脈が圧迫され、心臓に血液が届きにくくなってしまうので、妊娠中は控えてください。

③好きなことに没頭する
体調がよかったら、友達とおしゃべりしたり、美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴いたりと、自分が好きなことをめいっぱい楽しんでください!好きなことをすることで、不安を忘れ、ストレス発散につながります。

④不安や悩みは口に出す
旦那さんや友達、自分の両親など、信頼して話せる人に、どんどん話を聞いてもらいましょう。話すことで、不安もやわらぎます。

⑤ネットや情報誌に振り回されない
情報が溢れていて、便利ですが、時には余計に不安をあおるような情報も含まれているので、心配事は不安なことは、医師や助産師さんに直接話して安心したほうがいいです。

現在、妊娠中で不安な日々やストレスを抱えているお母さん、ぜひ試してみてくださいね(*^-^*)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント